読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白馬の王子様は待ってくれない

かわいいとかっこいいが好きな多方面アプローチ

映画「ピンクとグレー」感想

映画「ピンクとグレー」

少し前に映画館で観てきました。
原作はだいぶ前に読んでいたけれど、記憶は薄れているレベルで…映画観に行くって決まってから読み返すほどの元気はなかったので←薄れている記憶のまま臨むこととなった。


※以下ネタバレ含みます※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生の頭ん中、一体どうなってんすか???????????

と、言ってしまうほど難解だった。
いや、大筋のストーリーは原作を読んでいたから理解できた。複雑に絡まったピースが最後、合致するように作られているせいかその1つ1つを断片的に見ていることに疲れたのかもしれない。そのせいもあってか、カメオ出演している先生を見つけることすらできなかった…。『手前に主役の裕翔がいるんだからそっち見ちゃうよ!』という心の声は聞こえなかったことにして。(笑)

 

 


62分後の衝撃

映画観る前から、なんとなく察しは付いてしまっていた…(笑) 実際に観ても、あんなに煽ることなのかな?とも冷めた目線も持ちつつ。
イニシエーション・ラブ*1的に言えば…
Side A:白木蓮吾の一生を描いた映画(裕翔が白木蓮吾役を演じる。劇中劇と言う?)
Side B:リアルの世界(裕翔が河鳥大だった、ということ)
といった区分けになるだろうか。

Side Aは世間一般も知っていて、りばちゃん*2が見てきた・頭の中で描いていたごっち*3を描いている。
逆に、Side Bはずっとモノクロで、Side Aを辿っている?感じで本当の白木蓮吾を紐解くこと。
りばちゃんが本当の(自分の知らない)ごっちを知ったとき、Side AとBがシンクロするときに映像がカラーになって今になる、といった演出方法だった。

首つりのシーンからSide Bになるのはリアリティがあってちょっと怖かったけど…(笑)映画の展開をガラッと変えるにはぴったりのシーンだったかもしれない。

 

 

 

中島裕翔の演技力

1人の人が本編・劇中劇と、2つの役を演じるのは演技力があってこそ、のものなのかと思った。そう考えると裕翔は演技力がある、と対外的に評価されているのかなぁ、と。
実際、映画半分までは ”白木蓮吾” だと思って見ていた裕翔が、Side Bに展開が変わったとき、”白木蓮吾役を演じた河鳥大”として見えていた。
白木蓮吾のときは白木蓮吾。
河鳥大のときは河鳥大。
どちらも同じ中島裕翔という人が演じている、同じ1本の映画なのに別人に見えていたのだから裕翔の演技力をこれでもか、と見せつけられたと言っても過言ではないと思っている。

そして、夏帆とのベットシーンも体当たりの演技だったと言えよう。これまでわりと清潔感があって、好青年のイメージで売ってきていると思っているから、私の知る限り本格的な色モノは初めてだったのかな?と。
修二と彰の間で踊っていた可愛らしい子がこんなに立派になって…!(涙)』
とおばちゃんは思ったよ、うん。←
でも生々しさは薄くて綺麗とさえも感じたかな。裕翔担大丈夫なのかな?とも心配になったけど…
個人的には夏帆ちゃんの背中綺麗で、やっぱり女優だな~!、と感心しました(笑)

個人的に衝撃が強かったのは夏帆ちゃんとのベットシーンよりも菅田くんと行った会員制の妖しいクラブの方だけど…(笑)鼻血は血のりなのか自力なのかは謎wwブラックライトにしちゃえば年齢制限かけなくていいのかと思ったから演出方法ってさまざまだよな~としみじみ

 

 

 

鑑賞を終えて…

個人的には1回じゃ理解できなかったのが、行定監督の映画「ピンクとグレー」だった。
そもそも先生と頭の造りが違うから、全部を理解することなんて最初から難しいのかもしれないけど自担だったら2,3回は見て、今よりも理解を深めることをしていたと思う。*4
ただ、すっっっっっっっっっっっっっごいパワー使うの、観るだけで。(笑)微妙な体調で観に行ったのもあるかもしれないけど←頭使いながら観る映画ってやっぱり観終わった後の疲労感がすっごい…!行くときは万全の体調で余裕のあるスケジュールで行かれることをオススメします。←

そういえば。最初、ピングレ映画化します!って報道がされたときに裕翔がりばちゃん役、菅田くんが蓮吾役、って言われてて。その後何事もなかったように配役が逆になってて。今思えばそれこそネタバレだったのかよ、と(笑)*5

 

 

 


シゲアキ先生が自分の武器の1つとして身に付けたのが作家という職。その処女作が映像化されたということは1つの結果だと思っている。記念すべき作品を劇場で観れたということはとても嬉しいし、これからのNEWS全体にも良い影響が出ていると感じている。

「あの作家の人だよね?」
「名前がカタカナの人だよね?」
「あの大学生みたいな爽やかな人だよね?」
どんな認識でもいい。
加藤シゲアキというジャニーズのアイドルが世間一般に少しでも認識してもらえるようになった。
その結果が映画化になったと信じたい。
大ヒット御礼、満員の劇場がその証ではないだろうか。


これからのNEWSに「作家・加藤シゲアキ」という武器が
大きなものになったと立証された。

 

*1:乾くるみさんの同名小説。2015年に松田翔太さんと前田のあっちゃんで映画化された

*2:河鳥大のあだ名

*3:白木蓮吾のあだ名

*4:自担でもなければ担当Gでもなくてごめん…

*5:気付いてる人いたのかな…?