読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白馬の王子様は待ってくれない

かわいいとかっこいいが好きな多方面アプローチ

「NEWS LIVE TOUR 2015 White」@広島 感想

現場レポ NEWS

NEWSのWhiteツアー、アリーナ会場の全公演が終了しました。
残すは東京ドーム2公演となりいよいよツアーラストが見えてきたところで、アリーナ会場ラストの広島公演に行って来たのでレポを。ドーム公演は演出もセトリも変更あると思うのでアリーナの記憶を留めておきたいと思う。

 

◆Set List

1)Mr. White
2)ONE - for the WIN-
3)恋のABO
4)NYARO

~挨拶~(+カメラ演出)

5)weeeek
6)恋祭り
7)バタフライ
8)フルスイング
9)ロメオ2015
10)ESCORT

~Jr.ダンス~

11)KAGUYA
12)チャンカパーナ
13)WORLD QUEST-Remix ver.-
14)さくらガール
15)Weather NEWS

~MC~

16)勿忘草
17)あなた
18)Skye Beautiful
19)Black Jack -Inter-
20)BYAKUYA
21)SuperSONIC
22)SNOW EXPRESS
23)Winter moon

~映像~

24)NEWSニッポン
25)希望~YELL~
26)サヤエンドウ

(24~26まではメドレー)

27)ポコポンペコーリャ(サビまで会場手拍子のアカペラ)
28)4+FAN
29)SEVEN COLORS
~カメラ演出~


EC
30)White Love Story
31)渚のお姉サマー
32)愛言葉

W EC
33)NYARO ※6/7のみ

 

 いろいろ調べたら最初の頃とセトリちょっと入れ替えてる・・・?

 

▼セトリ

アルバム引っ提げたツアーなのでアルバム曲メインの構成。過去曲は盛り上がったりファンウケが良かったものをセレクトしていたと思う。前半はほぼ盛り上がる曲で駆け抜けた感じがした。盛り上がる曲の中でミディアム調のロメオをいかにして繋げるか、という点でバタフライ・フルスイングを前に持って来て聞きやすい体制を整えたのではないかと推察する。後半はバラードから始まって徐々にカッコいい路線に持ってって、最終的にはNEWSのイメージ通りの明るくて爽やかな印象でラストを飾る、という感じになっていたと思う。全体を通して見ると、曲と曲の間の演出が上手く繋がれていて流れがとてもスムーズだったと思う。時間の経過が早く感じられた一因はこういった細かい部分の積み重ねだとも思う。

ソロ以外での特筆する部分は「BYAKUYA~SuperSONIC」だ。これまでのライブでも「Dancin' in the Secret」「Dance in the dark」「Liar」などカッコいい演出の曲もたくさんやってきたが、従来のどの演出にも当て嵌まらない良い意味で ”新しいNEWSのカッコよさ” が表現されていたと思う。「BYAKUYA」はホーンテッドマンションのような雰囲気で世界を支配する四天王降臨、みたいな存在感を放って踊るNEWSは普段のキラキラアイドルからは考えられない悪の部分が全面に出ていて、これまでより一層ダークヒーロー感が強く出ていた。最後4人が振り向きざまにキメ顔するのだがこれが最っっっっっ高に黒くてカッコいい。こんな新しいNEWS魅せて来るなんてずるい。←「SuperSONIC」は「BYAKUYA」の黒くてカッコいい部分をそのまま引き継いで激しく踊るダンスナンバー。今流行のEDMでここ最近の中で1番激しくしっかり踊っているダンスナンバーかもしれない。4人+Jr.が激しく踊る姿は圧巻。モニターがモノクロでカメラワークがめちゃくちゃ良いのでマルチアングル希望。まじで目が足りない。←最後のアウトロ部分はメインモニター4分割で4人が映って曲のラストへ駆け抜けて最後は伏目で終わる、っていうのが四天王がやっぱり世界を治めるのか、みたいに感じてしまってすっかり虜に。からの往年の名曲「SNOW EXPRESS」でたたみ掛けて来るから危うく窒息しそうになった。ただ、1つだけ残念な点は「BYAKUYA」の世界観を表現するのに本ステメインモニター前に上から下げた黒い布が無数にあってせっかくのイケメンNEWSがあまり見えないこと。曲終わりの「BYAKUYA」の部分でその布を1人1本ずつ引き抜くところはカッコいいけど、どうせならモニター映像もちゃんと見たかったな、と。その点ドームはどんな演出になるのか期待。

 

その他で印象に残った曲の感想は以下。

2)ONE - for the WIN- 
大サビの「will be ONE~」で手越さんの声が高音過ぎて超音波で画面が割れて映像が狂う、みたいな映像トリックからの本ステジャンプアップで4人登場がカッコいい。最初ジャンプアップしてきたとき驚いて心臓痛くなったけどwwその後のアクセントダンスも ”ここに入れてくるのか!” という意外性でなかなか面白かった。

14)さくらガール」 
昔の振付そのままに踊ってくれたことが純粋に嬉しかった。照明がピンクでみんながちゃんと踊るからすごく儚い感じがしてあの当時の記憶が蘇ってきた。アウトロの部分での1人1人カメラに抜かれてポーズするのも健在だし、増田さんの手のひらメッセージも2公演共違うメッセージで凄く懐かしかった。

15)Weather NEWS
最後のeveryの顔ハメパネルみたいにして「Weather NEWS~」って歌う慶ちゃん最高かよwwwwメンバーにもイジられるリーダーの愛らしさがここにまで出ててMC前に良いチョイスだと思った。 

22)SNOW EXPRESS
今回のライブの1番のサプラ~イズ(復活コンのイリュージョン手越風)はこの曲ではないだろうか。歌割とかRAPの部分どうするの?といろいろな憶測が飛び交っていたが、今のNEWSに合ったアレンジが大サビだけされていてほぼ原曲のままだったので涙が出てきた。アレンジは手越のフェイクにハモリがあって、まるで雪が降っているような演出だったので儚さ倍増。スタンドマイクを円型に置いて全員が内側を向いて歌ってるのが結束力を見せているようで。でも踊らないのかぁ・・・と思っていたら落ちサビから踊り出すから今の結束力を大切にそして過去も大切に生きていく、と言われているようでNEWSの意思の強さみたいなのをこの1曲で再認識させられたように感じた。やっぱりスノエク大好きだわ。

23)Winter moon
「Fighting man」のカップリングのこの曲。カップリング曲は「KAGUYA」等わりと新しいシングルのものしか出てないと思っていたら最後の方にこの曲を持って来て驚いた。スノエクからの流れは思ったほどマッチしていてまだまだ名曲が隠されているのではないかとワクワクした。ほんと選曲誰がやってるんだろ?ってぐらい懐かしい曲を最新曲と組み合わせる演出が上手くて関心してしまった曲の1つ。

27)ポコポンペコーリャ
サビまで会場の手拍子をベースにアカペラで歌う4人。4人がぎゅーっとくっついて歌うしイチャついてるし可愛いぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!ってなってるけど止められない手拍子(笑)最後3曲しかない中でこの手拍子での演出がお客さんとメンバーの一体感を生んだと思う。いつ手拍子やめていいのか分かんなかったけどwwこの演出はドームだと人数多すぎて4+FANみたいなのじゃないと出来なさそうだからあるのかどうか・・・。アリーナならではの演出だと思うので映像化希望。あとモニターでポコポンの踊りしてたミシュランマンみたいな白くて丸いキャラクターが可愛かった(笑)

 

▼ソロ

小山「ロメオ2015 」
とりあえず慶ちゃんありがとう!!!!!(興奮) 何故こんなに興奮しているのかというと、大サビで赤と青のスポットライトを使った演出をしたからだ。その当時の衣装が赤=小山・青=錦戸だったので当時の思い出も大事にしつつ今も歌ってるよ、と言われているようで感動。上手に赤・下手に青のスポットライトを2つに分かれて当てていてまるで2人で歌っているかのように見えてしまったもんだから小山様まじ感謝!!!ということになっている。衣装は上半身裸に真紅のジャケットを羽織ってボタン全開。腰巻シャツにパンツというスタイルでジャケットプレイするもんだから多くの小山担が悶絶。今回もガシガシ踊ってて小山クネクネダンスご馳走様でした。(褒めてる) 広島2日目はちょこっとだけお腹ぽこってた部分が可愛く感じてしまった(笑)曲は言わずもなが大好きだが、2015ver.は大人感を全面に出していたのでまた違った曲の印象を与えてもらったと思う。

 

加藤「ESCORT」
曲のタイトルとムーディーな曲調から私が想像していた「ESCORT」はお嬢様をエスコートする紳士のようなイメージだったが、実際の設定はホテル(ホスピタリティ)としてのエスコートだったのが ”シゲっぽいなぁ” と思った。手越さんだったら全力で前者だったろうに(笑)衣装はブルーのホテルのベルボーイ風。登場が少し変わっていて、セクシー小山さん←を部屋に案内するように本ステに仮設した扉を開けてあげるところからのスタートだったので振り向いて ”シゲだったのか!” というリアクションもあったのでその点は加藤さんの思惑通りだったのではないかと。最後は扉の中にいる女性(と思わしき人)に花を一輪渡してナイショのポーズして扉の中に消えていくから ”お前もかよぉぉぉぉ!!!!” となった人もいなくはないだろう。曲調とホテルロビーのムーディな感じがマッチしていたので演出の世界観はバッチリだったと思う。

 

手越「あなた」
胸元に白の飾りが付いた白のジャケットで白のグランドピアノ一本で弾き語りな手越さん。ピアノ一本の弾き語りは美声がホールいっぱいに響いていてとっても気持ちよさそうに歌っていた。(カメラアングルも3つぐらいあったから多くのカメラ一人占め出来てるとこも気持ちよさそうだったけどww)セトリの関係上、衣装の上しか着替えられなかったのでその点は少し残念だったかも。ピアノの手元があんまり見られなかったけれど落ち着いていたのか凄く震えてはいなかったしそこまで大きな間違いもしていなかったので弾き語り成功だったんじゃないかと。スポットライトをあびている姿がキラキラしてて白い服着てるから新郎が新婦の為にサプライズでラブソング弾き語りプレゼントしてくれてる錯角に陥りそうになって危うく自分を見失いかけるぐらいカッコよくて見入っていた。ほんと手越くん尊い。←

 

増田「Skye Beatiful」
まじでまっすーに羽生えてるよ!!!と錯覚するぐらい演出と曲の世界観がマッチしすぎててほんとこの人何者?!と驚きを隠せなかった。白のスポットライトの角度とか光の加減の調整がベストでまっすーに羽が生えてるように見えたの、まじで。誰か増田担と共有したい!←それと、割とJr.をバックに付けて踊ることが多かった増田さんだけど、今回はたった1人で踊りっ放しだったのでその点も意外性があった。レーザーと色とりどりの照明をガンガンに使っていてその中でガシガシ踊る増田さんまじカッケーっす!モニターには鳥が羽をバタバタさせているゆっくりな映像などが映っていたので空へ飛び立つ鳥の設定なのかな?と思った。衣装は黒のポンチョ(JSB風)に黒ボトム。ポンチョ踊りにくくないのかな~?と思ったけれどそんなん気にする増田先生じゃなかったのをその後のダンスで見せつけられた。Remedyよりは踊ってないけどこれはこれで結構踊っていたと思う。

 

▼セット

これまで1度もやったことのないステージ構成で最初は驚いたけどバクステなしのセンステを本ステと繋げるだけのセクゾスタイルで新しいな~と(笑)トロッコでまんべんなく行っているようには見えたが、アリーナ最後列ブロックまでは来ないのでその辺りの人たちは埋もれ感。曲で決まってトロッコを乗る以外のフリーダムなトロッコは気まぐれで乗らないときもあるので全員を近くで見れるかどうかは時の運。(私はきまぐれゴシさんに当たって彼だけ間近で拝めなかった・・・アーメン)

f:id:petite_hachi:20150610152700j:plain

メインは上段下段で分かれていて、正面に可動式の階段がある(∞パッチの「泣かないで僕のミュージック」で使っていた上下する階段のような床に埋め込み式のやつ)外周から上段メンステまでスロープで繋がってもいる。メインモニターは正面に長方形の大きいものが1枚。左右に正方形のものが2枚の計3枚。会場後方に2枚。花道に各2個ずつのリフターがあってセンステはそのままリフターにもなる。こういったアリーナ構成よりかは個人的には従来の構成の方が好きかな。見やすいし偏りが出にくいし、という個人的意見。ドームはバクステないとほんと偏るからきっとあると思う。そう信じてる。←

 

▼演出

NEWSにしては珍しくレーザー多めだったと思う。本ステの上にスポットライトやレーザーを10台以上設置していてそこから色とりどりのレーザーを出したりスポットライトが付いていたりと光の演出に力を入れていたのでは、と思った。その甲斐あってか曲の世界観に合わせてセットの色が変化していたように見えた。全く同じセットなのに当たる色が変わるだけで違った印象に見えたのだからやっぱり演出の力って凄い。
そして、映像演出が公演中に何回かあった。これまで通りのInterval映像は置いておいて。挨拶後と本編最後の映像演出について特筆したいと思う。この2つだけはメンバーがカメラのレンズ部分(実際はその前にアクリル板かなんかつけてたと思うけど)に白マジックで文字を書いて「weeeek」の曲振りと、最後はファンへの”愛”を綴るのだがカメラ越しに字を書いている姿が至近距離で顔が映るからそれだけでもヤバイのにみんな投げキスしたりカメラアピールが凄いの何のって!!!(興奮)慶ちゃんが書いてるとこ邪魔する手越とかニコニコまっすーとか甘しげとか可愛いNEWS満載で本編締め括るから、アンコールのNEWSコール頑張っちゃうよね。早く出てきて~><!ってなっちゃうやつwwこれドームでもやってほしいな。
そして、毎度思うがNEWSは曲中のモニター映像で凝っているのたくさんあるのでDVDにマルチアングルで欲しい。せっかく凝った映像加工してるのにもったいない!!!!!10thのGreedierとかセピアで歌詞が波打ち際の波みたいに消えていくのとか凄い綺麗だったのにDVDには皆無だったもんな・・・。JE、マルチアングル頑張ろう!←

 

▼衣装

今回も衣装担当・増田さん。
増田「衣装にも注目してもらえたら嬉しい」
と毎公演言っていたのできっとその辺の評判気にしてるみたい。
NEWSは増田さんが衣装担当になってから装飾など凝った服が多くなったと思う。(カッコいいし似合ってるけど脱ぎ着は大変そう)その為なのか、早替え用のコートや衣装の一部分を取り外しするものを3つも使用していた。これは他Gと比較すると多い方だと思う。(以下★箇所)

  1. 「Mr.White」の白衣装
  2. 1の上にカラフルな幾何学模様のワンピース?大きめポンチョ?を被る(∞の紅白衣装に激似) ★
  3. 上下豹柄のセットアップ(人によって形が違う)
  4. KAGUYA PV衣装風のロングコート(中は白Tとかで黒ボトム統一) ★
  5. 4のコートを脱いで、ピンクスウェットパーカーとピンクスニーカー変更(中は4と同じ)
  6. 黒地キラキラジャケット+首元ファー、ボトムは黒で細めのダメージ加工(BYAKUYAのみ)
  7. 6の首元ファーを取ったver. ★
  8. 各4色のナポレオンジャケットにチェックのボトム
  9. 8のボトムで上はツアーTシャツ

EC含め9パターンの衣装はかなり多めな印象。フルセットでの衣装チェンジは5ポーズだが、若手Gとは違いJr,コーナー等全員がハケてフルセット着替えられるタイミングないのでステージ上で脱ぎ着出来るコートなどの工夫で衣装の変化を持たせているのではないかと考察する。元々NEWS自体がコートの印象強いけどね・・・(笑)個人的には6,7がタイプ。8のチェックがPacificに着ていたチェックスーツをmixさせたような柄でちょっと感動した←

 

▼グッズ

衣装の評判を気にする増田さんがいれば、自分が考えたグッズ(スリッパ)の売上を気にする男・小山慶一郎(31)
小山「あのぉ~俺が考えたグッズって(売上)どうっすかね~?」
とスタッフさんに聞くらしい。そして後半売上を盛り返してきたことに喜ぶリーダー可愛すぎかよっ!(笑)whiteコンなので全てのグッズが白地なのは理解出来るが、如何せん使い勝手を考えて『白って汚れるよねぇ・・・』と思ってしまう庶民ヲタク。定番グッズ*1以外だと、ポーチ、ステーショナリーセット、スリッパなど・・・いろいろあるが、1番ウケが良かったのはカレンダーだったのでは?写真がなかなか良かったし、卓上で好きなメンバーめくれるタイプだからカスタマイズ感もあって普通のカレンダーよりは満足感高かったと思う。もうちょっと季節感あったらもっと売れてたと思うけど、グッズ撮りでいっぺんにやってるから小道具とか衣装チェンジするの大変だし仕方ないか、と納得させる。←あと、女子は何がグッズで欲しいかリーダーが知りたがってたので今度メン愛かなんかでアンケート取って人気1位だったやつグッズ化してくれたら嬉しいね。

 

▼まとめ・雑記

  • 両日共テンション高くてマイクの先が上がっちゃう手越さん(彼のテンションメーターww)
  • 2日目の最初はちょっと声出しづらそうにしてた手越さん
  • 1日目より2日目のが盛れてるシゲ←
  • 1日目より2日目のがほんのちょこっとだけお腹ぷっくり慶ちゃん(笑) 
  • 黒マス降臨。
  • 甘シゲも降臨。
  • 2日目小山さんのおパンツのゴム部分は白かったです。まる。(観察日記風)(たまたま見えた)
  • 外周ギリギリに作ってるので上の方の席は真下に来ると何も見えない(ドームでもあるやつ)
  • ソロがフルサイズじゃなくて多少カットされてるの凹む・・・全部聞きたかったな・・・。
  • BYAKUYA~SuperSONIC~SNOW EXPRESSの流れは確実に2回見たい。目が足りない。リピートしたい。(何回言うねん)
  • 両日共MCくだらないとこあって、ほんと仲良しかよ、NEWS(笑)ご当地ネタ的なのはほんのちょこっとだったけど。
  • 2日間共、右側編み込みの手越ポンパドール祐也可愛すぎ。
  • BYAKUYAからツーブロシゲアキ悲鳴多々。
  • 2日目のみBYAKUYA~小山サングラス慶一郎。色気やばい。
  • まっすーのヘアバンドは・・・うん。←
  • ECの「White Love Story」で全員が階段に座ってくっついて歌うの可愛過ぎる。
  • 座って歌うときマイクで顔が隠れ気味だったシゲ。もったいない。
  • ABOは毎回慶ちゃんのお尻触る手越さん。慶ちゃんも手越さんのこと好きだけど手越さんもスキンシップ多いよね(笑)
  • 広島だけだと思うが、公演中のマナーがあまりよろしくなかった。シゲアキソロ終わりに名前叫んだり、メンバーがおもいっきり歌ってるのに近くに居るから名前叫んで振り向いてくれなかったら暴言を吐く。大声で歌う等・・・若い子(中高生)が多かった印象なので初めてのNEWSコンで舞い上がっちゃったのかな?とも思ったが・・・いつもの広島はここまでマナー悪くないので今回だけ異質だったのだと思うことにした。←(会場狭いから暴言だけはやめてくれ、と思った。メンバーに聞こえてるから・・・)
  • アリーナ最後ということもあり終始テンション高めのNEWSさんだったと思う。あと前回会場からちょっと空いたからフワフワもしてたww
  • ほんと細かーーーーーく振り間違えてたとこちょいちょいあったのでドームはメディアたくさん来るので頑張れ!(笑)
  • テンションは高かったけどネジそこまで外れてなかったように見えた手越さん。喋らないときは可愛い子観察に熱心で通常運転。←
  • 今回、THE アイドル演出が少なかったようにも感じた。どちらかと言うと等身大に近い感じというか。キラッキラより爽やかで好印象。ときどき裏のわっるーい顔を覗かせる、みたいな演出だったように思えた。
  • 今回初めて画面4分割(MCと数曲)を取り入れていて、やっぱり見やすいな、と実感。今後もこのまま導入して行って欲しい。
  • カメラアングルとスイッチが最高に上手い。この人歌ってんのに別の人映ってる!がかなり少ない気がする。カメラアングルもカッコいい角度が分かってるかのごとくポイントポイントでちゃんとカッコよく映してくれてるからまじスタッフさん神かよ。ほんとありがとうございます!!!!

 

 

ぶっちゃけ、一言で言ってしまえば
すっっっっっごく楽しかった!!!!!!
この言葉に限ってしまうのだけれど。やっぱり10年以上グループをやってきてるのでホールならではの魅せ方とか環境に最適な魅せ方を分かっているんだなぁ、と実感させられた。これは若手にはない経験から来るものであると思うのでNEWSが歩んできた道がこういったところに表れて私たちを楽しませて、幸せにしてくれていると思うと何があってもこの先も応援していこう、という気持ちになった。

残すは東京ドーム2日間。
一体どんな演出になっているのか今からドキドキワクワク、楽しみにしながらこのレポを綴じたいと思う。

ドームの感想を書くか書かないかはそのときの気分次第。

  

*1:パンフ、団扇、ペンラ、ポスター、クリアファイルとか